ママレード・ボーイ

(2012/03/04 更新)

#76(最終話)より

1994.3.13〜1995.9.3 放映。全76話。
原作;吉住 渉  シリーズ構成;松井亜弥
シリーズディレクター(監督);矢部秋則
キャラクターデザイン;馬越嘉彦

ストーリー展開,作画,演出どれをとっても見所が多い作品です。
凝った画面構成,演出がしばしばみられ,
いわゆる学園ラブ・ストーリーではありますが…,
何か新しいモノを見せようとするアニメ制作者の意欲・情熱が強く感じとれる作品だと思います。
大切な場面では,作画が面倒な回り込みもしばしば観られますね。
作画監督的には,馬越嘉彦,川村敏江,佐藤道雄さんの絵柄がとりわけ気に入ってます。
演出家では,岡佳広さんの工夫・技巧を凝らした演出にも注目してたりします。
高校教師と女子生徒の禁断の恋もあったりして・・・。(^_^;)
國府田マリ子さん達…CAST陣の好演も見逃せません。

秋月茗子鈴木亜梨実佐久間すず小石川光希ジニーの良さげなセル画を探しています。
それと,中学時代のショートカットの光希ストレート・ヘアーの茗子も…。
交換等希望の方もメールを。連絡先→ daiba2013●inaf.2-d.jp (●を@に置き換えてください)

アイキャッチ

遊,光希,蛍

2005.4偶然に(?)入手
できました。(^o^)
アイキャッチ

悟史,光希,遊

2006.4入手。


夢にまで見た(ちょっとオーバーか…),
中学時代(中3)のストレート・ヘアーの
秋月茗子。中学時代のセル画って,
かなりのレア物です。

第2話;
キス後遺症
「あいつの気持ちがワカラナイ」
(作監;川村敏江)より
32アイスのお店の前で,
「なら,(銀太に)告白しちゃいなよ。」
・・のカット。
背景不一致(同話の別カット)ですが,
大オークションにて,
ようやく入手できました。(T_T)

更に,上段の次のカットで,
中学時代の光希。(^_^)
「え〜っ・・自信ないよ(汗)。」
背景は合致してます。
DVDにて確認しました。







小石川光希 (CV;國府田マリ子)
物語のヒロイン。
桐稜高校2年生。テニス部。

最上段は,
第28話;
ゆれる心「あたしもバイトするっ!!」
Aパートより(作監;川村敏江)
お気に入りの絵柄です。
ただ,背景は第32話の様です。
実際は,自宅のリビングにいるカット。

2段目は,
第33話;恋の迷い道「好きだ!」
(作監;佐藤道雄,演出;岡佳広)より
Bパートで…,背景は合ってません。
実際は,遊と書店にいるシーンです。

3段目は,話数未確認ですが,
正面向きのセル画は,作監;
河野宏之氏か…。

4段目は光希(みき)と茗子(めいこ)
第2話;
キス後遺症
「あいつの気持ちがワカラナイ」
(作監;川村敏江)

5段目;部活のテニスウェア姿。
背景は合致してそうです。

6段目;背景付きセル画ですが
合致してるかどうかは不明。

最下段;背景合致不明。
第40話;聖なる夜
「イブなのに一人ぼっち」
(作監;佐藤道雄)より
土屋蛍に招待され,
蛍のピアノ演奏を聴く
正装の光希。
第45話;ゆれる茗子
「私,広島へ行く!」
(作監;青山充)より
小説入選の授賞パーティー会場。
名村からの祝賀電報に…,
先生に会いたい
衝動を抑えきれなくなる茗子。
B4サイズぐらいの大判セルです。
同封のタイムシートは第60話
話数未確認。(^_^;)
第74話;思い出の箱「バイバイ,遊」
(作監;伊藤智子)より
背景付きセル画。マイケルからの
国際電話。
背景は合ってませんが,
このセル画は73話の次回予告時
にも使用されてます。
ショート・ヘアの光希が見れるのは,
74〜76話(最終話)のみです。
ようやく入手したOP(第二期)
セル画です。
裏に薄紙がぴったりと
張り付いているのが
ちょっと残念ですが…。

2006〜2007に入手。
背景付きセル画。
背景合致 劇場版より,セル画3点。
劇場版に関しては,もう少し
集めてみたいと思っています。

松浦 遊
(CV;置鮎龍太郎)
やたらに もてまくるこの男の
存在自体が
すべてのトラブルの元かも…。

第62話;さよなら
「もう…彼女でいられない」
(作監;伊藤智子)より
NY空港での別れのカット。
最終話;たびだち
「そして,愛は歩き出す」
(作監;佐藤道雄)より
血のつながった兄妹ではないかとの
遊の思いこみによる誤解が,ようやく
解ける。

光希の中学時代からの親友。文芸部。
Daibaお気に入りのお嬢様…
秋月茗子さんのセル画の大部分は,
姫君・お嬢様のPに移動しました。(^_^;)

名村慎一
(CV;古谷 徹)
茗子と禁断の
恋仲に陥る
高校教師。
茗子ファンからは
羨望と怨嗟の
眼差しを
受けている‥。(^_^;)

三輪悟史
(CV;戸谷公次)
生徒会長。
茗子に想いを
よせるも…。


須王銀太
(CV;金丸淳一)
桐稜高校2年生。テニス部。
光希一筋の熱血漢であったが,
後に亜梨実と付き合うことに…。


第12話より

レイアウト、

原画、

作監;川村敏江さんの
修正原画







鈴木亜梨実
(CV;久川綾)
榊学園。高校2年生。
陸上部。

上段;中3の時の亜梨実。
お試し期間として(?)
遊と3ヶ月だけ付き合うが,
結局,ふられる…。

2段目;榊学園の制服姿。

3段目;私服。

4段目;亜梨実と茗子の
ツーショットは珍しいです。
分割スキャンするほどの
背景付き大判セルですが,
どうみても背景は,
合ってなさそう。(^_^;)

5段目;
銀多の前で涙を流す
亜梨実。

6段目;
第20話
(作監;川村敏江)
お気に入りの作画です。

最下段;
第27話;恋の不安
「この幸せはいつまで
 続くの?」
(作監;佐藤道雄)より
陸上部の部活中。
この物憂げな姿を見て・・
銀太はメロメロに。(^_^;)
背景透過光のカットです。
第58話;
告白の音色
「ボクを男として見てほしい!」
(作監;河野宏之)より
ピアノコンクールの帰り道。
背景付き大判セル画。

佐久間すず (CV;丹下桜)
美少女モデル。綺麗なモノが
好きな中学生。
遊と光希の仲を裂こうと…
悪巧みをしたりする
小悪魔的存在。
第43話;スキー旅行
「二人っきりなんかさせない!」
(作監;伊藤智子)より
第33話;恋の迷い道「好きだ!」
(作監;佐藤道雄,演出;岡佳広)
より,Aパートのラスト近く。
遊とすずの危ないカット。実は,
光希の勝手な妄想なのですが…。
第34話;別れの予感
「ハロウィンパーティーのたくらみ」
(作監;青山充)
第42話;新春恋模様
「サイコーの年になりそう」
(作監;川村敏江)
寝室のすず
話数不明。(^_^;)

第50話;留学生登場
「マイケルって…変!」
(作監;加々美高浩)より
背景付き大判セル画など3点

上段;遊,光希,マイケル
中段;光希に迫るマイケル
下段;遊に留学をすすめる
すずの父と,すず

北原杏樹 (CV;井上喜久子)
遊の幼なじみ。
心臓の大手術を乗り越える。
アニメ版のオリジナル・キャラ。
上段は第70話;ただいま
「どんな顔して会えばいいの?」
(作監;加々美高浩)より

2段目は話数未確認ですが,
場所はおそらくニューヨーク
でしょう

3段目は,ようやく入手した
制服姿の杏樹。
天使のような笑顔。(^_^;)

下段は,遊と杏樹の別れ…。
同封されていたタイムシートより
第72話と思われます・・。

小石川留美→松浦留美
(CV;川浪葉子)
光希の母親。離婚後,遊の父と再婚。

桃井亮子
(CV;浦和めぐみ)

ニューヨークの友人達

最終話;たびだち
「そして,愛は歩き出す」
(作監;佐藤道雄)より
ウィリアム・マシスン
ジニー・ゴールディング
ドリス・オコーナー
ブライアン・グラント
松浦遊
非常に横長の
背景付きセル画です。
保存状態が最高に良い
ジニーのOPセル画。

背景は合致せず。

OPで、この尋常でない
描き込みと絵柄からみて
馬越さんでしょう。
大オークションにて入手。
第64話;
二人の訪問
「おまえの声がききたい」
(作監;加々美高浩)より
ジニー・ゴールディング
遊を探すジニー。
遊を,しきりに
誘惑しようとする
ジニー。
一時は,光希を絶望の
淵に追い込んだりします。
ドリス,ジニー

箱セルでしたが,
けっこうお気に入りの
作画です。(^_^;)
ドリス・オコーナー

作画が気に入って
渋谷店で2005.4入手。